Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/107-bebfec55

-件のトラックバック

-件のコメント

[C573] 生でだらだら

生着替えに、生マンソンに、生タッチに、挙句の果てに生キズですか・・・・。
凄いことになってますね。

それにしても、あれほどのスターなのに今どき珍しい距
離ですよね。
マンソンのライブってそういうものなんですかねぇ。
凄いなぁホント。

やっぱりライブハウスと多目的ホールとでは全く違うんですねぇ。
やっぱりロックはライブハウスですか。

んじゃまた。

あ、出席率アップせよ。
ウチのブログ、女子比率が格段に低くなってるし。

[C574] ヤバイヤバイ・・・

マンソンのライヴ、絶対に危ないライヴとは聞きましたが、まさか園子さんも大変なことになるほどのライヴとはねぇ。でも生きて最後まで観れたとは・・・。タフです、タフ過ぎます・・・。

次はリンキンにヴェルヴェットですか。スラッシュのギタープレイに失神しないようにね!

[C576] まるあさん☆

生着替えって・・・ベタな深夜バラエティじゃあるまいし(笑)
ま、なんにおいても生はよろしい。

ん~意外ですかねぇ・・・マンソンは向こうじゃスダジアムを超満にできるスーパースターだけど、日本じゃレッチリみたいにドーム2DAYSを満員にはできないでしょ。民族性とか宗教問題はもちろん、ゲイの数もアメリカとは比較にならないから、ファンの規模が違いますね。同性愛者が地獄の業火に焼かれると唱えられてるぶん、ゲイには必然的にアンチキリストのマンソン支持は高いしですし。
レッチリみたいに、映画に影響受けて飛びついてくる昨日今日のミーハーなアホな連中がライブに足を運ぶような存在ではないし、認知度ではまだまだなのかもしれませんね。第一メディアにも悪いコトでしか取り上げられないし(笑)

観る側も演る側もやっぱライブハウスは最高でしょう。
あ、つい書きすぎてしまいました。
  • 2007-11-02
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C577] Marleyクン☆

いやいや、負傷してまで、お恥ずかしい限りで。
ハンパな意気込みではマンソンに挑めないコトを痛感しました(笑)
まぁ、マンソンを体験したら、リンキン、ヴェルヴェット、ついでいうと来年2月のレイジなんて、健全そのもの、余裕ですよ~なんつて。
  • 2007-11-02
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C579] ども

まるあさん、あきらさんのブログでのコメントがあまりにも面白かったのでお邪魔いたしました。
愉快なマンソン・レポ、最高です。

[C581] Teaさん☆

どもどもTeaさん♪
いやぁこちらこそヨロシクでーす(^-^)/
このとーりのオッペケペーですが(?)ごひいきに。
またそちら覗かせてもらいまふ♪
  • 2007-11-03
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C592] お久しぶりです!!

かなり遅れてコメント!!
そうそう
あたしこそが酸欠で運ばれたNEOですわ!
マンソン最高でしたよ
最高だったね。
確かにレッチリも良かったしガンズも最高で
サマソニもお腹いっぱいだったけど
やはりマンソン様のあのステージは
あたしはエクスタシー何度も感じてしまったわよ
そのさんが
マンソンにはまってくれたのも嬉しいしね。

あきらさん
ご心配ありがとうです
たまにのぞいているんですよ
コメントしてないですけど・・・・
また絡んでくださいな

[C593] neo☆

おそい~!1ヵ月以上経ったど。昨日のリンキンも良かったが、当分あれを抜くライブはないかな。あのマンソン様のステージを観せられてハマらんわけがない!近いうちにまた来て欲しいわぁ。次回は倒れないように鍛えてくだされneoちん(笑)
  • 2007-11-26
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

マリリンマンソン・単独ライブへ

 どもども。
 気が変わらぬうちに更新しとこ。
 今月はあと、24日のリンキンと30日のヴェルヴェットリボルバーのライブが控えておるのだ。

 去る10月18日、ラウドパーク開催よりひと足お先に、音楽家の皮を被った究極の悪、アンチクライストスーパースターマリリン・マンソン単独ライブに行ってまいったのである。
 一緒に行ったお相手は、先々月に我がクソ会社を晴れ晴れと去り、美容業界にカムバックした8年越し大のマンソンファンを自負するお馴染みneo。9月の送別会以来の再会。
 待ち合わせの渋谷ハチ公前、いかついグラサンにダイナソーJr.のTシャツ姿で登場。ワタシはというと、この日は不運にも朝から会社強制の人間ドッグがあったので、わりかし無難なカッコ。バリバリのゴス系でキメたかったわ・・・しかもバリウム飲んでマンソンて・・・当然ライブ前なので下剤はパスじゃ。渋谷で昼間からランチビールでテンションアゲアゲ♪

 なにげワタシらマンソンTシャツ持ってなかったのよね~んでもって会場グッズ売場で速攻買って、速攻着替えるつもりが、新木場スタジオコースト・会場到着の5時半、予想外にグッズ売場は長蛇の列。これじゃ18時の開場に間に合わぬ!!!ワタシらが持ってるのは、整理番号50番台の最前列プラチナチケット。うがっぁ!!
「あたし、ダイナソー着てマンソン観るのぉ~??」 
涙声のneo。
「しゃあない、ヒトの良さそなのみっけて買いに行かそ」
これは名案と思いきや、マンソンのライブだぜぃ?ヒトの良さげなヤツなんているわきゃない!いかついニイチャン・ネエチャンばっかじゃん・・・・・・・・・・・

 はい、ワタシたち悪いことしちゃいました。本当にごめんなさい!!
 だって、しきりの鉄柵にスリムなワタシたち(これはウソ)がギリ通れそな、丁度よい隙間があったんですもの。ほんっとすまねぇ!!
 涼しい顔で割り込み、ものの二分で購入したマンソンロゴ入りキュートなレディスTシャツに、人目はばからず、ガバッ、ササッ、ぱっと着替えて、開場待ち先頭列へ。番号コールが始まり、ダッシュ~!最前ゲット~!!!へんぴな場所に位置してるわりに、キャパ2500くらいのホールクラスのハコだけど、れっきとしたライブハウスで臨場感はバッチリ。手を伸ばせば届きそな至近距離。この距離で生マンソンを見るのか?!ものすごい興奮してきたよ~!マンソンなんて、ワタシにとっては現実離れのアート的な存在であるからして、未だ信じらぬ。

 前置きばっかりキリがないので

中略

 SE、照明が消えたとたん、どわぁっと物凄い押し寄せ。く、くるちい・・・圧迫死しそう。
カーテン越しに映るマンソンの影。
相当量のアドレナリンが噴出し、マンソンの名を叫びまくる園子&neo。
包丁をかたどった、まるでコントで使うようなマイクを手にマンソン登場。
こ、これは、とんでもないことになってしまった・・・・・・・・・・。

 長きにわたり、数々のライブは観てきたし、若い頃はハードコアなかなり危険なライブにも足を運んだ。しかし、命の危機までも感じたのは初めてだ。
 殺される・・・。生還できないかもしれない・・・。
 ワタシの隣にいたジンジャーフィッシュファンの女子は、2曲目で早くも、体をくの字に曲げ失神。その後も、まだ中盤にもさしかからないのに、セキュリティに次から次へと運び出される始末。酸欠、圧迫失神者続出。軽く20人くらい運ばれたか。ワタシは左腕を鉄柵とおなかの間に挟み、日頃の筋トレで鍛えた腕をもってして、圧迫から必死で逃れた。振り上げた右手は二度とおろすことはできない。おろすスペースなどないのだ。とりあえず疲れたら、隣のガタイのいいお兄ちゃんの肩に腕を置かせてもらって、まるで「オレたち仲間だぜぃ!」みたいな格好になるわけだ(笑)

 それにしても、まるで神が降臨したかのような、恐るべしマリリン・マンソンのカリスマ性。
 理屈じゃない。ゾクゾクと肌で感じるのだ。あの場にいた誰もが感じた筈だ。
 
 演出もマンソンらしくなかなか凝っている。ファイトソングでは、ボクシングリングが登場し、吊るしのマイク。お馴染みヒトラーを真似たアレも生で見られるとは。神に感謝??聖書に火なんか着けちゃってなんとまぁ罰当たりなマンソン。

 つねに目の前に座り込んで手を差し伸べてくるマンソンだが、ワタシからはあと数センチ足りない。少しずつ左へ左へ押し出されていく。くそっ。neoはとうに最前線から脱落し、後ろから死にそな声で、限界を訴えかけてきた。振り向くと顔面蒼白、意識がやばくなっている。うっ、neoまでも・・・やられたか・・・。セキュリティに救出され、退場。開演前ワタシの真後ろにいた高校生男子数人、せっかく最前に繰り上がったのに、圧迫死寸前の退場。この子達たら「モブシーンきたら超暴れるし、オマエさ、やばかったらゼッテー後ろで見たほうがいいぞ」なんて、言い合ってたのにさ(笑)

 ついに、マンソンとガッチリ目が合った瞬間「マンソン、カモーン!!」叫びまくりました。
 願いが叶いました。
 ぬぁんとっ!マンソンがステージ下に降りたのですよ!ワタシのまん前に!!

 オバチャンたちが、お相撲さんにタッチするようなチンケな触りかたはいたしませんぞ~
 園子にかかればこうだ!
 手始めにマンソンのタトゥびっしりの腕から、お腹~股間(よくできたなぁ)撫でまくったあげく、最後は顔面をガッチリ両手で挟みこみ撫でまわしだぁ!!
 この程度のことマンソンともあろうお方が驚くはずもなく、にんまり笑っておられました。
 ちなみにマンソンの肌はボコボコで、アップで見ると、かなりお年を召しておられました(悲)

マンソン様~

 
 この度は、放尿もなく、自慰行為もなく、マンソンにしてはお行儀の良いライブだったのではないでしょうか。
 みなさま、マンソン様はとってもファン思いのイイ方でした。

 園子、マリリンマンソンライブにて負傷。左腕、左肘、肋骨に強度の打撲傷。全治一週間。←マジです(笑)

 おっと、曲とかなんにも紹介しとらんではないか。すでにレポになってないし(汗)
 とりあえず、じゃぁコレ。
785.jpg


↑こちら新譜からは3曲くらい

421.jpg


↑だいたいコレかな

 こんなでいいのか・・・あはは・・・

 ロックこそが我が人生。ライブこそが我が青春。

 ん、決まったな

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/107-bebfec55

0件のトラックバック

8件のコメント

[C573] 生でだらだら

生着替えに、生マンソンに、生タッチに、挙句の果てに生キズですか・・・・。
凄いことになってますね。

それにしても、あれほどのスターなのに今どき珍しい距
離ですよね。
マンソンのライブってそういうものなんですかねぇ。
凄いなぁホント。

やっぱりライブハウスと多目的ホールとでは全く違うんですねぇ。
やっぱりロックはライブハウスですか。

んじゃまた。

あ、出席率アップせよ。
ウチのブログ、女子比率が格段に低くなってるし。

[C574] ヤバイヤバイ・・・

マンソンのライヴ、絶対に危ないライヴとは聞きましたが、まさか園子さんも大変なことになるほどのライヴとはねぇ。でも生きて最後まで観れたとは・・・。タフです、タフ過ぎます・・・。

次はリンキンにヴェルヴェットですか。スラッシュのギタープレイに失神しないようにね!

[C576] まるあさん☆

生着替えって・・・ベタな深夜バラエティじゃあるまいし(笑)
ま、なんにおいても生はよろしい。

ん~意外ですかねぇ・・・マンソンは向こうじゃスダジアムを超満にできるスーパースターだけど、日本じゃレッチリみたいにドーム2DAYSを満員にはできないでしょ。民族性とか宗教問題はもちろん、ゲイの数もアメリカとは比較にならないから、ファンの規模が違いますね。同性愛者が地獄の業火に焼かれると唱えられてるぶん、ゲイには必然的にアンチキリストのマンソン支持は高いしですし。
レッチリみたいに、映画に影響受けて飛びついてくる昨日今日のミーハーなアホな連中がライブに足を運ぶような存在ではないし、認知度ではまだまだなのかもしれませんね。第一メディアにも悪いコトでしか取り上げられないし(笑)

観る側も演る側もやっぱライブハウスは最高でしょう。
あ、つい書きすぎてしまいました。
  • 2007-11-02
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C577] Marleyクン☆

いやいや、負傷してまで、お恥ずかしい限りで。
ハンパな意気込みではマンソンに挑めないコトを痛感しました(笑)
まぁ、マンソンを体験したら、リンキン、ヴェルヴェット、ついでいうと来年2月のレイジなんて、健全そのもの、余裕ですよ~なんつて。
  • 2007-11-02
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C579] ども

まるあさん、あきらさんのブログでのコメントがあまりにも面白かったのでお邪魔いたしました。
愉快なマンソン・レポ、最高です。

[C581] Teaさん☆

どもどもTeaさん♪
いやぁこちらこそヨロシクでーす(^-^)/
このとーりのオッペケペーですが(?)ごひいきに。
またそちら覗かせてもらいまふ♪
  • 2007-11-03
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C592] お久しぶりです!!

かなり遅れてコメント!!
そうそう
あたしこそが酸欠で運ばれたNEOですわ!
マンソン最高でしたよ
最高だったね。
確かにレッチリも良かったしガンズも最高で
サマソニもお腹いっぱいだったけど
やはりマンソン様のあのステージは
あたしはエクスタシー何度も感じてしまったわよ
そのさんが
マンソンにはまってくれたのも嬉しいしね。

あきらさん
ご心配ありがとうです
たまにのぞいているんですよ
コメントしてないですけど・・・・
また絡んでくださいな

[C593] neo☆

おそい~!1ヵ月以上経ったど。昨日のリンキンも良かったが、当分あれを抜くライブはないかな。あのマンソン様のステージを観せられてハマらんわけがない!近いうちにまた来て欲しいわぁ。次回は倒れないように鍛えてくだされneoちん(笑)
  • 2007-11-26
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

そのえだ園子

Author:そのえだ園子
モノカキ、活字中毒、ロック好き、元ライター、元ゲーマー、ピアノ弾き、少年ジャンプ大好き、ヲタク体質、九龍城マニア、ジェットリー&ジャッキーファン。
マグレ受賞の著書あり。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。