Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/125-3bee5db3

-件のトラックバック

-件のコメント

[C786]

おにうなぎにそれだけの感動、勇気、希望を貰えるっていうのは、やはり彼らとの距離が近いっていうのもあるのかもしれませんねぇ。これからもおにうなぎと園子さんの距離が保てますように。

あ、遅れながら誕生日おめでとうございます。神生誕日だってのに、言い忘れちった(笑)

[C788] ありがとうございます!

しかと読ませていただきました♪
ありがとうございます!人の力になれる、希望を与えられる、悪い考えを変えられる事が第一の目標なのでとても嬉しいです!
応援して頂いてる分、期待に答えられる様にこれからもがっつりがっつり頑張っていきます!!
これからもよろしく御願いします!!

p.s. 今度は「しゅーっ!」っても叫んでくださいね♪
  • 2008-03-28
  • しゅー
  • URL
  • 編集

[C789] ☆マーリークン

ほんとにねぇ、今はこの身近さはすごく嬉しいけどね、きっとこれからは遠い存在になっていくと思うし、そうなってもらわないとワタシも困る(笑)
そのうちマーリークンもライブ行こう♪きっと気に入るはず☆

神生誕?!なによー!それ(笑)
  • 2008-03-29
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C791] ☆しゅーさん

きてくれて嬉しいよー♪

その通り!おにうなぎの音楽に出会って、まさに悪い考えを正して貰った気がするよ。冷めきってしまった大人にとってもキミたちのメッセージは効果テキメンね。年齢分け隔てなく伝えられるってスゴイ事よ!
しゅーさんは岬にとっても目標だし、若いドラマー達にこれからもいい影響を与え続けてほしいと思う。

よしっ!しゅーさんコール、今度叫んでみるわ(笑)
  • 2008-03-29
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

おにうなぎ一色で

 本日は、彼らへの敬意と日頃の感謝を込めて、ワタシの愛するバンド「おにうなぎ」オンリーでいきます。
 もう斬りません。褒めちぎります(笑) そして真面目に書きます。
 
 まずは簡潔にライブレポから。

 一昨日の26日、あの伝説的な3月8日のスプラッシュとのツーマン以来、おにうなぎを観るため大阪から急遽戻ってきた息子の岬と親子参戦してきた。今回は地元のハコ、彼らの母校の卒業イベントライブでのゲスト参加。昨年もこのイベントに参戦したが、すでに彼らは神様的存在で母校の生徒らから羨望の眼差しを浴びていた。今年もまたこの場所で、岬とともに地元の高校生に紛れて拳を振り上げ飛び跳ねるワタクシ。最高に楽しいひととき。ルン♪

 オープニング「リヴォイス」から「SpeedSter」のあの流れは、じき聴けなくなるかもしれないと、ちょっぴり寂しい予感に耽っていたら、この日のライブがその通りになったので実際に寂しかったりなんかした。その分、今回儲けだったのは、アンコールで「Slowly」が聴けたことだ。うむ、如何にも。アンコールでなくてはならぬ。ツーマンの時にもこの流れに期待したが果たされず。あの日は特別だったからあれで良かったが、本編ラストの「太陽」~アンコール「Slowly」という流れはワタシの中でずっと思い描いていたビジョンである。それが実現したのは感涙に咽ぶ想いこのうえない。ワタシの周りでだが、この曲の評価が相当に高いことを本人達は気づいてるだろうか。演らない日があるのが不思議だったりする。あの曲にはいつ聴いても胸がキュンとなる。
 パワフル炸裂しゅーさんのドラムは相変わらず上手いしヤバイね。(テクを必死で盗もうとする岬)笑顔が素敵なハンサムBOYきょうへー君のベース、本日もSmart♪ このところ!!ギターヴォーカル赤レンジャーケンタ君のパフォーマンスにはホレボレ。背弾きソロからレスポール一回転には興奮のあまり年甲斐もなく「ケンタ~!」なんて叫んでしまったりするワタシ(笑) 定番「You’re」のライブヴァージョンのアレンジも益々良い。「太陽」は一年を通して聴いてるが一段と味が出てきたし、この曲を大切にしているケンタ君の思いは歌にも込められていて、それが存分に伝わってくる。表現者として随分成長したように思う。

 このハコは2006年の夏の終わり頃にワタシが初めておにうなぎに出会った場所でもある。
 感慨深い。あの時は本当に衝撃だった。アマチュアという枠で先ずそのレベルの高さに驚かされた。彼らはずば抜けた存在だった。
 おにうなぎとの出会いが、カートコバーンの死後、なんとなくワタシの中で終焉を迎えてしまっていたロックに対する情熱と、ライブに足を運ぶ喜びを今こそとばかりに呼び覚ましてくれた。
 しかし、まだまだその頃のおにうなぎは完成形ではなかった。お世辞を入れても当時出ていたアルバム中に勝負できそうな楽曲はせいぜい3曲程度。それらに対してワタシが予期したものは、彼らの中に眠る見えそで見えてこない無限の才能だった。本人達が満足しているのかどうかは分からないが、演奏レベルには申しぶんない。ライブパフォーマンスも突出している。なにかもう少し・・・今ひとつ方向性が見えてこない事にも地団太を踏みつつ、答えを探した。ライブに頻繁に足を運びながら、彼らに対しても口やかましいことを言ってきた。相当ウザがられたかもしれないが(苦笑)
 その後まもなく発表した3rdアルバム「TRI HOPE」でワタシは閉口せざるを得なくなる。パーフェクト。捨て曲の無い百発百中の奇跡。

おにうなぎTRIHOPE

 おにうなぎは均整のとれたバランスの良いバンドだ。ひとりひとりが出すぎず、メンバー三人ともキャラが立っているという点はかなりポイントが高い。バンドとしての成功例においても。

 おっと、新譜にも触れておかなくては。
 ツーマンで初めてお披露目したが・・・。裏切らなかった!!!
 「SURFACE」イントロからキタわね!今後ライブでは外せない一曲になる。
 特筆すべきは「Sympathy」。「ずっと~♪」「きっと~♪」「もっと~♪」このフレーズは強烈だった。一度聴いただけで耳を離れなくなる。この一点で成功したと思っていい。タイアップにも使えそうな一曲。間違いなくコレは名曲になる。今後じっくり吟味していこうと思う。
 これまでが勇気と希望に満ち溢れた応援歌的要素が強かったの対し、グッと深くなった「インサイド・マーブル」が意味するところ。出会った頃のもどかしく思いながら探していた答えが見つかったような気がした。これなんだ。
 この先、自信を持ってプロへの道へと突き進んでいってほしい。彼らはこんなところで埋もれているバンドではないのだ。
 
 外タレの色んなライブに行ってるが、ワタシはおにうなぎのライブがひょっとして一番好きかもしれない。大物のライブは行くまでがワクワクして楽しいが、終わってしまうと祭りのあとのような虚しさに囚われる。おにうなぎは、毎日イヤでもやってくる直面しなければならない現実にさえ希望を持たせてくれる。ワタシは大人になってしまった今でも、彼らの作品に勇気と希望を与えられているのだ。
 いつの日かデカくなって、タワレコにCDが平積みで並ぶような時がきて、口も利いてもらえないような存在になったら・・・。どうするかな。とりあえず親、親戚一同にせめて自慢でもさしてちょうだい(笑)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/125-3bee5db3

0件のトラックバック

4件のコメント

[C786]

おにうなぎにそれだけの感動、勇気、希望を貰えるっていうのは、やはり彼らとの距離が近いっていうのもあるのかもしれませんねぇ。これからもおにうなぎと園子さんの距離が保てますように。

あ、遅れながら誕生日おめでとうございます。神生誕日だってのに、言い忘れちった(笑)

[C788] ありがとうございます!

しかと読ませていただきました♪
ありがとうございます!人の力になれる、希望を与えられる、悪い考えを変えられる事が第一の目標なのでとても嬉しいです!
応援して頂いてる分、期待に答えられる様にこれからもがっつりがっつり頑張っていきます!!
これからもよろしく御願いします!!

p.s. 今度は「しゅーっ!」っても叫んでくださいね♪
  • 2008-03-28
  • しゅー
  • URL
  • 編集

[C789] ☆マーリークン

ほんとにねぇ、今はこの身近さはすごく嬉しいけどね、きっとこれからは遠い存在になっていくと思うし、そうなってもらわないとワタシも困る(笑)
そのうちマーリークンもライブ行こう♪きっと気に入るはず☆

神生誕?!なによー!それ(笑)
  • 2008-03-29
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C791] ☆しゅーさん

きてくれて嬉しいよー♪

その通り!おにうなぎの音楽に出会って、まさに悪い考えを正して貰った気がするよ。冷めきってしまった大人にとってもキミたちのメッセージは効果テキメンね。年齢分け隔てなく伝えられるってスゴイ事よ!
しゅーさんは岬にとっても目標だし、若いドラマー達にこれからもいい影響を与え続けてほしいと思う。

よしっ!しゅーさんコール、今度叫んでみるわ(笑)
  • 2008-03-29
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

そのえだ園子

Author:そのえだ園子
モノカキ、活字中毒、ロック好き、元ライター、元ゲーマー、ピアノ弾き、少年ジャンプ大好き、ヲタク体質、九龍城マニア、ジェットリー&ジャッキーファン。
マグレ受賞の著書あり。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。