FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/128-d957d505

-件のトラックバック

-件のコメント

[C828] 本人さん

「オタク」って言い方が世間に知られるようになったのは、埼玉で起きた幼女連続殺人の宮崎事件ぐらいからですよね。
呼応するかのようにテレビに宅八郎が出てきて、週刊プレイボーイの小峯編集員や戸塚ヨットスクールの校長なんかと討論する様子が面白おかしく流れたりしてましたよね。

完全に褒め言葉ではありませんでしたが「電車男」あたりから少し変ったかなと。

声優かぁ。
大昔ですが、古川登志男と平野 文の「うる星やつら」コンビを間近で見たことがありますよ。
あとケンシロウの神谷 明も。

[C829]

まぁ誰だってなんかしらオタクにはなっていると思う。サッカー好きな子は自然にサッカーオタクになると思うし、ゲーム好きな子は自然にゲームオタクになると思うし。ひとつのことに熱中できるのって、大事なことですよね。

[C830] 「おたく」と「マニア」の違い

 思うに、「おたく」は非生産的で、「マニア」は生産的なのではないでしょうか。
「おたく」はそれぞれのジャンルをひたすら、消費するだけ、例えばアニメなら、アニメを観るだけ。
「マニア」は消費もするけど、自分で消費することで、そこに何らかの文化を形成する。アニメを観て喜んでいるだけなら「おたく」、アニメ論を展開して、そこにある種「文化」を形成すれば「マニア」ではないかと、私は定義するのですが。
「銭形のとっつぁん」といえば納谷吾郎さんですな。納谷さん、先日なくなったチャールトン・ヘストンの吹き替えもやってましたね。
 林原めぐみさん。私ファンです。コナンの灰原哀、ポケモンのムサシ、ナルトの恐山アンナなど。
「ジュビナイル」という映画にはご本人が出演されていました。

[C832] ☆マーリークン

そうですね。誰しもオタクな要素はありますね。
中途半端にまんべんなく色んなことをかじってるより、これだけは誰にも負けないという、ひとつのコトを極めてるヒトが、真のオタクだと思います。ワタシはそんなオタク人間になりたいです。そうなったらもうキモイなんて言わせません(笑)
  • 2008-04-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C833] ☆雫センセ

なるほど!生産性と文化の形成ですか。センセの理論、納得させられました。さすがです。

あー、納谷吾朗さんです。弟の六朗さんのほうが「幽遊白書」の仙水役などで馴染みがあったんで時々分からなくなります。吹替え版は沢山は観てませんが「ベンハー」や「十戒」は吹替えも観ました。納谷さんはヘストン専属の声優ですね。ヘストンを最後に観たのは「ボーリング・フォー・コロンバイン」でした。名優ヘストンの他界が悲しかっただけに、納谷さんにも長生きしていただきたいですね。ヘストンほどの大きなニュースにはならないかもしれませんが。

しかし!センセがまさか、林原めぐみさんのファンとは!!
めぐさんは幾つになってもキュートな方ですよねぇ。たぶん今だに声優ランキングのトップ3には入ってるんじゃないでしょうか。ワタシはらんま1/2の女らんまで知ったのが最初ですが、七色の声を持つ声優として色んな役をやりますね。今の若いヒトたちの人気を不動にしたのはやはり、エヴァンゲリオンの「綾波レイ」でしょう。ロケット団ムサシ役も十年超えましたし。アンナはシャーマンキングですね。

めぐさんにはいつまでも美しく、トップに君臨していただきたいと思います。
  • 2008-04-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C834] 三石琴乃

お邪魔します。
昔から周囲にオタク呼ばわりしていましたが、全然気にしないどころか開き直っていました。
こんな素敵なサブカルチャーが分からない奴はアホだと言い切っていましたヨ
で、何を言われてもいつも強気で対抗していました。

好きな声優さんはブログでも書いたのですが、ベタベタですが三石琴乃です。
うさぎとエヴァのミサト、その他にも沢山重要なアニメで活躍していましたからね
あの異様なテンションの高さが好みでした。
林原めぐみも詳しくはないけど、一時はハノマりました。
オタクでもヲタクでも堂々としていればいいんですヨ。

[C836] ☆海老太郎さん

どうも♪いらっしゃいまし。
さっそくブックマークさせていただきました♪

ほんとですよ。凡人どもは右にならえで何事も飽きっぽくてねぇ、何かに対して真剣に愛と情熱を注いだコトがあるのか?って問いたいです。こちらは連中をアホだと思うし、連中はキモイというのだから、お互い様で結構だと思います。

お~三石琴乃ですか。うさぎの声はこの方意外にはあり得ないですね。一時、三石さんが病気で休業されて、ちびうさの声優さんがちびうさ登場以前に代役をやったコトがありましたが、声の系統は似ててもやっぱダメでしたね。なにか違います。
ワタクシ、セーラームーンはSSまで一話たりとも逃さず観ております。(どんどんカミングアウトしてるなぁ・・・) ちなみに過去ブログ拝見しましたが「乙女のポリシー」は大好きでカラオケでしょっちゅう歌ってましたよ。 
ワタシは緒方恵美さんが務めた「セーラーウラヌス」のファンでした。エヴァのシンジですし、これまた縁がありますねぇ。

「どんなピンチの時もぜったい諦めない~そうよ~それが~可憐な乙女のポリシー♪」
はい、これからも堂々といきますよ。
  • 2008-04-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C837] DJの声

声優さんのことはわかりませんが、ラジオのDJの声には興味があります。やっぱり、いい声してますよね、かまないし、聞きやすい。聞きやすい声ってありますよね。声の話していると、声紋の鑑定する、サングラスのなんとか研究所の人を思い出します。事件があると、たまにテレビに出てくる人。この声のDJ好き~ってとこあるから、自分はオタクですね。

[C838] 猟奇的な園ぽん

女性で「ギニーピック」の内容を知っている人なんてあなたぐらいなものでしょう・・・・てか観たとはねぇ・・・。
当時、レンタルショップが自主的に撤去しましたよね。

[C843] ☆まろんさん

まろんさんはラジオをよく聴かれるでしたね。
ナレーターなんかは声優と兼ねているヒトが多いし養成所もありますが、DJは自前の声のみで勝負してるところがスゴイです。容姿もカッコイイイメージが…天が二物を与えてたらそれは不公平ですよ(笑)
  • 2008-04-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C844] ☆まるあどの

猟奇的♪それは素敵な褒め言葉じゃ(笑)
20年以上も昔の話ですやん。ギニーピックに無名時代の久本雅美や斉木しげるが出てるのがありましたよ。ワハハ本舗?の役者は売れない時代にそんなモノにまで出てたんですね。マチャミなんて初めてテレビで見たとき「あ!ギニーピックの!」でしたもん。それだけインパクトのあるタレントだということですな。
  • 2008-04-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ヲタなネタ 声優編

 よっこらしょ。土曜出社して久々のニ連休なんで更新でもしまっさ。
 
 「しょこたん」いいよなぁ。中川翔子♪アキバ系だもんなぁ。本物のオタク。ってそれだけじゃないよ。独自の世界観を持ってるし今どきのアイドルにしては知的なところが良い。お友達になりたいわせめて10歳若ければ・・・。
 
 ところで。オタクとマニアって何が違うんだろ?辞書を引くと「ひとつの物事に熱中する人」ってどちらにも書かれてある。オタクといえば、アニメ、マンガ、声優、ゲーム、このへんが一般的。お互いを「お宅」って呼び合ってたことが由来。宅八郎なんかいたね。紙袋持って。オタクといえば、インドア派、文化系。世間的に認知度が高いものに精通してるのはマニアで、認知され難いのに詳しいのがオタクか?カッコイイのがマニアでカッコワルイのがオタクか?キモさでいったらオタクが上位にくるだろうな。ん、でもSMマニアとか美少女マニアとかもあるからな。ワタシは別に自分がキモイほうのオタクでも構わん。それを誇りに思うことにする。
 
 今日はちょい「ヲタク」なネタでもいっちょやるかな。確実に友達減るな・・・
 てなわけで、常連さんも一見ヲタさんも集合ー!
 

 最近テレビで、大胆マップとかいう番組で声優の顔出しやってるじゃない?あれ、ワタシ大好きなんだよね。
 「夢が壊れる」とか、そんなヤボなコトは言わないよ。声優歴30年とかの大御所が登場したり、子供の頃から大好きだったアニメキャラの声優が見れるなんて「生きてて良かった」くらいの勢いで嬉しい。
 こないだの「銭形のとっつぁん」役の声優の顔出しは、ちょっと涙モノだったね。すっかりおじいちゃんになってて、声優業は引退してたんだけど、とっつぁんの名セリフをやってくれてねぇ・・・。その前の回では「次元大介」のリクエストがあったが、この方は顔出しはNGということでセリフのみ。それはそれでまたカッコ良かったりする。夢を裏切らないところが。さっきと言ってるコトが矛盾してるが。
 スラムダンクの三井寿役として「置鮎龍太郎さま」が登場。キャー嬉しい~♪(顔は昔から知ってる)出演作品は数えきれないが、テニプリの手塚部長役もやっている男前な声優さん。
 この番組、目玉はなんといっても、ガンダム声優。前回、シャア役の池田秀一(他にワンピースのシャンクスなど)の登場で大興奮したが、今回はなんと!!ザビ兄弟がダブルで登場。ガルマ・ザビ役の森功至に、ギレン・ザビ役の銀河万丈(元・田中崇)。森さんはワタシが昔っから大好きな声優で「エースをねらえ」の藤堂さんや、キューティハニーのセイジさん、セーラームーンのネフライトさま他、あちこちで活躍している超ベテラン。アドレナリン噴出しまくり。出演交渉担当のガンダム通、品川や土田も大騒ぎしていた。うん、わかるよ~その気持ち。
 その後、ドラえもんの「スネオ」の顔出しリクエストがあったが、出てきたのが現スネオ役含む新声優陣。なにぃ~!スネオ役といったら、「おそ松くん」のイヤミ、「天才バカボン」の本官、「怪物くん」のドラキュラでお馴染みの大御所、肝付兼太だろ!! 
 怒りを露にしてみたが、スネオ役がドラえもん新声優陣の中で、唯一キャリアのある関智一だった。昔好きだった「ふしぎ遊戯」の井宿役だったので許そうと思う。

 ワタシが知ってるところでいうと林原めぐみや、椎名へきる(古いか?)とか、今どきの萌え系の声優さんは殆ど知らないが、ヒロイン役の声優などはアイドルと同じだ。CDも出ているし、コンサートもやる。ハロプロ顔負けのヲタなファンが群がる。
 昔、長男をなんかのキャラクターショーに連れて行った時に、ゲストとして日高のり子が出演していた。「タッチ」の放送もとっくに終わっていたし、「サクラ大戦3」のヒロイン役を演じるのは数年先のコトで、元アイドルとはいえ、すっかり落ち目タレントだと思っていたら・・・まぁまぁ!日高のり子目当てにうじゃうじゃアキバ系ばりのファンというか、カメラ小僧が最前にビッシリ集まるわ、驚いた。自前の歌でもないのに「タッチ」なんか歌ってちゃってねぇ、すでに三十過ぎたオバチャンだったような気がするが。恐るべし日高のり子人気!南ちゃん人気か?

 ちなみにワタシの一番好きな声優は緒方恵美。
 エヴァの碇シンジ役にちなんで「魂のルフラン」でお別れしましょう♪
 高橋洋子の歌はサイコ~です! アニソン侮るべからず。

  
  
 
  
   
   
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/128-d957d505

0件のトラックバック

11件のコメント

[C828] 本人さん

「オタク」って言い方が世間に知られるようになったのは、埼玉で起きた幼女連続殺人の宮崎事件ぐらいからですよね。
呼応するかのようにテレビに宅八郎が出てきて、週刊プレイボーイの小峯編集員や戸塚ヨットスクールの校長なんかと討論する様子が面白おかしく流れたりしてましたよね。

完全に褒め言葉ではありませんでしたが「電車男」あたりから少し変ったかなと。

声優かぁ。
大昔ですが、古川登志男と平野 文の「うる星やつら」コンビを間近で見たことがありますよ。
あとケンシロウの神谷 明も。

[C829]

まぁ誰だってなんかしらオタクにはなっていると思う。サッカー好きな子は自然にサッカーオタクになると思うし、ゲーム好きな子は自然にゲームオタクになると思うし。ひとつのことに熱中できるのって、大事なことですよね。

[C830] 「おたく」と「マニア」の違い

 思うに、「おたく」は非生産的で、「マニア」は生産的なのではないでしょうか。
「おたく」はそれぞれのジャンルをひたすら、消費するだけ、例えばアニメなら、アニメを観るだけ。
「マニア」は消費もするけど、自分で消費することで、そこに何らかの文化を形成する。アニメを観て喜んでいるだけなら「おたく」、アニメ論を展開して、そこにある種「文化」を形成すれば「マニア」ではないかと、私は定義するのですが。
「銭形のとっつぁん」といえば納谷吾郎さんですな。納谷さん、先日なくなったチャールトン・ヘストンの吹き替えもやってましたね。
 林原めぐみさん。私ファンです。コナンの灰原哀、ポケモンのムサシ、ナルトの恐山アンナなど。
「ジュビナイル」という映画にはご本人が出演されていました。

[C832] ☆マーリークン

そうですね。誰しもオタクな要素はありますね。
中途半端にまんべんなく色んなことをかじってるより、これだけは誰にも負けないという、ひとつのコトを極めてるヒトが、真のオタクだと思います。ワタシはそんなオタク人間になりたいです。そうなったらもうキモイなんて言わせません(笑)
  • 2008-04-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C833] ☆雫センセ

なるほど!生産性と文化の形成ですか。センセの理論、納得させられました。さすがです。

あー、納谷吾朗さんです。弟の六朗さんのほうが「幽遊白書」の仙水役などで馴染みがあったんで時々分からなくなります。吹替え版は沢山は観てませんが「ベンハー」や「十戒」は吹替えも観ました。納谷さんはヘストン専属の声優ですね。ヘストンを最後に観たのは「ボーリング・フォー・コロンバイン」でした。名優ヘストンの他界が悲しかっただけに、納谷さんにも長生きしていただきたいですね。ヘストンほどの大きなニュースにはならないかもしれませんが。

しかし!センセがまさか、林原めぐみさんのファンとは!!
めぐさんは幾つになってもキュートな方ですよねぇ。たぶん今だに声優ランキングのトップ3には入ってるんじゃないでしょうか。ワタシはらんま1/2の女らんまで知ったのが最初ですが、七色の声を持つ声優として色んな役をやりますね。今の若いヒトたちの人気を不動にしたのはやはり、エヴァンゲリオンの「綾波レイ」でしょう。ロケット団ムサシ役も十年超えましたし。アンナはシャーマンキングですね。

めぐさんにはいつまでも美しく、トップに君臨していただきたいと思います。
  • 2008-04-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C834] 三石琴乃

お邪魔します。
昔から周囲にオタク呼ばわりしていましたが、全然気にしないどころか開き直っていました。
こんな素敵なサブカルチャーが分からない奴はアホだと言い切っていましたヨ
で、何を言われてもいつも強気で対抗していました。

好きな声優さんはブログでも書いたのですが、ベタベタですが三石琴乃です。
うさぎとエヴァのミサト、その他にも沢山重要なアニメで活躍していましたからね
あの異様なテンションの高さが好みでした。
林原めぐみも詳しくはないけど、一時はハノマりました。
オタクでもヲタクでも堂々としていればいいんですヨ。

[C836] ☆海老太郎さん

どうも♪いらっしゃいまし。
さっそくブックマークさせていただきました♪

ほんとですよ。凡人どもは右にならえで何事も飽きっぽくてねぇ、何かに対して真剣に愛と情熱を注いだコトがあるのか?って問いたいです。こちらは連中をアホだと思うし、連中はキモイというのだから、お互い様で結構だと思います。

お~三石琴乃ですか。うさぎの声はこの方意外にはあり得ないですね。一時、三石さんが病気で休業されて、ちびうさの声優さんがちびうさ登場以前に代役をやったコトがありましたが、声の系統は似ててもやっぱダメでしたね。なにか違います。
ワタクシ、セーラームーンはSSまで一話たりとも逃さず観ております。(どんどんカミングアウトしてるなぁ・・・) ちなみに過去ブログ拝見しましたが「乙女のポリシー」は大好きでカラオケでしょっちゅう歌ってましたよ。 
ワタシは緒方恵美さんが務めた「セーラーウラヌス」のファンでした。エヴァのシンジですし、これまた縁がありますねぇ。

「どんなピンチの時もぜったい諦めない~そうよ~それが~可憐な乙女のポリシー♪」
はい、これからも堂々といきますよ。
  • 2008-04-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C837] DJの声

声優さんのことはわかりませんが、ラジオのDJの声には興味があります。やっぱり、いい声してますよね、かまないし、聞きやすい。聞きやすい声ってありますよね。声の話していると、声紋の鑑定する、サングラスのなんとか研究所の人を思い出します。事件があると、たまにテレビに出てくる人。この声のDJ好き~ってとこあるから、自分はオタクですね。

[C838] 猟奇的な園ぽん

女性で「ギニーピック」の内容を知っている人なんてあなたぐらいなものでしょう・・・・てか観たとはねぇ・・・。
当時、レンタルショップが自主的に撤去しましたよね。

[C843] ☆まろんさん

まろんさんはラジオをよく聴かれるでしたね。
ナレーターなんかは声優と兼ねているヒトが多いし養成所もありますが、DJは自前の声のみで勝負してるところがスゴイです。容姿もカッコイイイメージが…天が二物を与えてたらそれは不公平ですよ(笑)
  • 2008-04-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C844] ☆まるあどの

猟奇的♪それは素敵な褒め言葉じゃ(笑)
20年以上も昔の話ですやん。ギニーピックに無名時代の久本雅美や斉木しげるが出てるのがありましたよ。ワハハ本舗?の役者は売れない時代にそんなモノにまで出てたんですね。マチャミなんて初めてテレビで見たとき「あ!ギニーピックの!」でしたもん。それだけインパクトのあるタレントだということですな。
  • 2008-04-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

そのえだ園子

Author:そのえだ園子
モノカキ、活字中毒、ロック好き、元ライター、元ゲーマー、ピアノ弾き、少年ジャンプ大好き、ヲタク体質、九龍城マニア、ジェットリー&ジャッキーファン。
マグレ受賞の著書あり。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。