FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/133-3a1bb0a8

-件のトラックバック

-件のコメント

[C868] 同感

全く同感です。
昨年6月5日の拙ブログでも同じことをいってますので、ご参考までにTB送りました。

[C870]

刑務所の存在目的が罰を与えることを本懐とせず、更生と社会復帰を目論むものとしてある以上、極めるとこういう形になってしまうんでしょうかねぇ。
将来的にも刑務所に入りたいとか死刑になりたいとか、そういった理由で犯罪を犯した人はここには入れないとは思いますが、そういった事よりも、半官半民とはいえ、「民間企業体」が刑務所の運営に参加し、公の律を犯した人を管理することに問題が無いのかなぁと。
なんとなく映画「エス」を・・・・・

[C873] 真綿

性善説なんでしょうね、初犯だからといって、社会復帰…とは。

我が社でも、「痛い」という人には、どうした、どうした、パワーハラスメント、メンタルヘルスだあ~。
と、真綿でつつむようにしてくれます。

反対に「痛い」と言わず(言えず)、がんばっている人には、何にもなし。なんか変だな。

あ~、会社のそいつらと刑務所の中の人に、「てめら、ふざけんじゃねえ」と叫んでみたい。

文字にしただけでも、ちょっと気がすみました。

[C876] ☆雫センセ

ありがとうございます!
昨年6月5日の「ホテルのような刑務所」の記事読ませて頂きました。センセはさすがでした。
まったく同意見です。センセの指摘された、抜け落ち要素「刑罰が無い」 この部分が問題なんですよ。仰るように被害者が納得するわけありませんよね。けしからんです。
  • 2008-05-13
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C877] ☆まるあどの

第一に、更生、社会復帰が目的なんてのは許せませんねぇ。そうあってほしくないです。
受刑者が、二度と舞い戻りたくない、こんな地獄のような思いをするのなら、地道に働いて堅実に生きるのが一番幸せなんだと思い知らせるべき場所であってほしいです。

入りたくてやった、というような行き当たりばったりの犯罪に理由を後付けするようなアホは入れないかもしれませんが、もっとこう計算高くて、ワザと身体を傷つけたり精神疾患のふりをして障害認定を受けるような、手段を選ばない狡猾な犯罪者がうまく潜りこみそうな気がします。
民間が関与する点には不安がありますが、賃金なんかはどうなんでしょうねぇ。納得するものであればそれなりの働きも期待できるでしょうけど、経費削減も理由であるから・・・・。

実験的な感じが確かに「es」を思い出しますね。実話ながら、あれは人間の心理をついたもの凄い映画でしたね。
  • 2008-05-13
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C878] ☆まろんさん

そうです!その通りですよ。
まったくどうなってるんでしょうねぇ、世の中は。ハレモノに触るかのように接したり、会社なんかまさにそうですよ。そんなだから何をやっても長続きしない、愚痴ばかりこぼす、弱虫、根性無しのワガママ人間があふれかえるんですよ。泣き言ばかりいってる人間をいたわって、黙って耐えて、強く生きてる者に対してはねぎらいの言葉ひとつないでしょ?
会社なんてのはストレスの宝庫です。辛い思いをしたぶん、日々ほんの小さな幸せが大切に思えます。家族とかね。
ワタシは最後まで笑ってやりますよ。ほんとに「てめらふざけんじゃねぇ!」ですよ。

あれ、なんか趣旨がずれてしまいましたね(笑)
同じく、文字にしたらスッキリしました!
  • 2008-05-13
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

快適 広島の新刑務所

 まぁまぁ、下の記事を見てくださいな。
 ご存知の方もいるかと思うが、昨年4月の中国新聞に掲載された新刑務所設立の記事。今さらこんな古い記事を引っ張り出してきたのは、先日、死刑制度についての議論もあったし、これまでも刑務システムがぬる過ぎると怒りまくっていたワタシであるからして、これが罪を償う施設としてアリなのかどうかが疑問だったからだ。しかし、これは罪を償う施設というより、犯罪者の社会復帰を支援する施設のようだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

美祢の「新刑務所」 地域に生かす知恵探れ '07/4/15


 コンクリートの塀も鉄格子もない、新しいイメージの「刑務所」が美祢市に誕生した。民間資金を活用し社会資本を整備する、全国初のPFI方式で今月オープンした「美祢社会復帰促進センター」である。来月からは受刑者も入る。来秋には浜田市にも同様のセンターができる予定だ。地域に開かれた施設として、住民の理解を深めながら根付かせてほしい。

 広島市民球場の十倍を超える二十八ヘクタールの敷地に事務室などのある庁舎、給食などのサービス棟、そこから左右対称に男子、女子の収容棟各三棟と訓練棟、体育館などが広がる。平屋から三階建てまで延べ床面積は約四万七千平方メートル。

 入所は、初犯で引受人のいる受刑者が対象。定員は男女五百人ずつ。センターがこれまでの刑務所と違うのは、社会から完全に遮断するのではなく、普通の生活に近づけ、スムーズな社会復帰を進める点である。出所後に就職しやすくするため、作業の合間にパソコンの基礎講習も採り入れている。

 独りで動く機会も増やし、着衣に付けた集積回路(IC)タグで、どこにいるか分かる仕組みを導入。居室の窓は強化ガラスだけにして束縛感を減らす。センサーで振動を感知するフェンス、二百台のカメラ、パソコンなど、最新機器が監視に活用されている。

 二〇〇五年末で全国の刑務所の収容者は約六万八千人で、16%も定員オーバー。建設、維持管理などを民間に任せ、より安価に造れるPFI導入は、犯罪増加に伴う刑務所不足も背景にあった。

 警備や建設、教育プログラムなどを担う企業で特別目的会社(SPC)を設立。銀行融資を受け約五百十七億円で契約し、二十年後には国に譲渡する。官民一体の運営で、コストが一段と重視されるだけに、地元業者の参入はあきらめざるを得なかった面もある。

 一方、食料の30%を地元から購入、診療所の一部開放など還元策も探ってきた。雇用面での波及効果も少なくない。刑務官百二十三人は隣接する宿舎で生活。給食などを担当する民間の百四十三人は、美祢市など地元からの採用だ。近くの小学校に全校の三分の一近い十六人が転入し、複式学級も一部解消した。新たな商業施設を造ろうという機運も出ている。

 かつては炭鉱で働く約千二百人が住み、映画館などもあって、にぎわった地域である。地域でセンターをどう生かすか。これからが知恵の出しどころだ。
---------------------------------------------------------------------------
呆れ返るね。
「刑務所に入りたくてやった」なんてバカが後を絶たないというのに、このまったく新しいタイプを謳った快適なシステム。テレビでも見たが、売店まであるんだとさ。 地域密着型とはご立派だコト。
「苦労して働いたってたいした生活も見込めないし、働かずに飯が食わしてもらえるなんてホームレスになるより全然マシじゃん」
そのような、ワーキングプアに乗じて寝言をぬかして犯罪に手を染めるアホが増えるのは目に見えてるじゃないか。労働があるといってもどうせ軽作業程度のもの。社会復帰促進は結構だが、この快適さが仇となって犯罪が起きたらどう責任を取るんだ? そこには必ずといっていいほど「働きたくない」「働かなくても食わしてもらえる」などの考えを持った社会不適格者が入り込むだろう。オーバードーズ(薬物過剰摂取)をやってまで入院費の掛からない措置入院を目論み、精神病を装って入院する人間がゴマンといるのと同じコトだ。
 幸い、初犯向けらしいが、万が一、重犯罪者に対してこのようなシステムが導入されたら、それこそ世も末だ。日本は犯罪大国になるね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/133-3a1bb0a8

0件のトラックバック

6件のコメント

[C868] 同感

全く同感です。
昨年6月5日の拙ブログでも同じことをいってますので、ご参考までにTB送りました。

[C870]

刑務所の存在目的が罰を与えることを本懐とせず、更生と社会復帰を目論むものとしてある以上、極めるとこういう形になってしまうんでしょうかねぇ。
将来的にも刑務所に入りたいとか死刑になりたいとか、そういった理由で犯罪を犯した人はここには入れないとは思いますが、そういった事よりも、半官半民とはいえ、「民間企業体」が刑務所の運営に参加し、公の律を犯した人を管理することに問題が無いのかなぁと。
なんとなく映画「エス」を・・・・・

[C873] 真綿

性善説なんでしょうね、初犯だからといって、社会復帰…とは。

我が社でも、「痛い」という人には、どうした、どうした、パワーハラスメント、メンタルヘルスだあ~。
と、真綿でつつむようにしてくれます。

反対に「痛い」と言わず(言えず)、がんばっている人には、何にもなし。なんか変だな。

あ~、会社のそいつらと刑務所の中の人に、「てめら、ふざけんじゃねえ」と叫んでみたい。

文字にしただけでも、ちょっと気がすみました。

[C876] ☆雫センセ

ありがとうございます!
昨年6月5日の「ホテルのような刑務所」の記事読ませて頂きました。センセはさすがでした。
まったく同意見です。センセの指摘された、抜け落ち要素「刑罰が無い」 この部分が問題なんですよ。仰るように被害者が納得するわけありませんよね。けしからんです。
  • 2008-05-13
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C877] ☆まるあどの

第一に、更生、社会復帰が目的なんてのは許せませんねぇ。そうあってほしくないです。
受刑者が、二度と舞い戻りたくない、こんな地獄のような思いをするのなら、地道に働いて堅実に生きるのが一番幸せなんだと思い知らせるべき場所であってほしいです。

入りたくてやった、というような行き当たりばったりの犯罪に理由を後付けするようなアホは入れないかもしれませんが、もっとこう計算高くて、ワザと身体を傷つけたり精神疾患のふりをして障害認定を受けるような、手段を選ばない狡猾な犯罪者がうまく潜りこみそうな気がします。
民間が関与する点には不安がありますが、賃金なんかはどうなんでしょうねぇ。納得するものであればそれなりの働きも期待できるでしょうけど、経費削減も理由であるから・・・・。

実験的な感じが確かに「es」を思い出しますね。実話ながら、あれは人間の心理をついたもの凄い映画でしたね。
  • 2008-05-13
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C878] ☆まろんさん

そうです!その通りですよ。
まったくどうなってるんでしょうねぇ、世の中は。ハレモノに触るかのように接したり、会社なんかまさにそうですよ。そんなだから何をやっても長続きしない、愚痴ばかりこぼす、弱虫、根性無しのワガママ人間があふれかえるんですよ。泣き言ばかりいってる人間をいたわって、黙って耐えて、強く生きてる者に対してはねぎらいの言葉ひとつないでしょ?
会社なんてのはストレスの宝庫です。辛い思いをしたぶん、日々ほんの小さな幸せが大切に思えます。家族とかね。
ワタシは最後まで笑ってやりますよ。ほんとに「てめらふざけんじゃねぇ!」ですよ。

あれ、なんか趣旨がずれてしまいましたね(笑)
同じく、文字にしたらスッキリしました!
  • 2008-05-13
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

そのえだ園子

Author:そのえだ園子
モノカキ、活字中毒、ロック好き、元ライター、元ゲーマー、ピアノ弾き、少年ジャンプ大好き、ヲタク体質、九龍城マニア、ジェットリー&ジャッキーファン。
マグレ受賞の著書あり。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。