FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/134-07f2c651

-件のトラックバック

-件のコメント

[C888]

待機児童の問題は、私の地方も似たようなモンでしたが、最近は少子化(過疎化・・・)が進みまくってだいぶマシにはなってます。

[C890]

園子さんのがんばりに感服しました。
でも、世の働くお母さんは、みんな園子さんみたいな強い人ばかりではありません。
だまって耐える人を救う制度を創ることが大切なのではないでしょうか。
そのためには園子さんのような、闘って、モノがいえる人の存在は貴重ですね。機会があればまた、発言してください。

[C891] お役所

お役所には、ちょいと詳しいんです。どんどん言ってやった方がいいですよ。いい加減なんですから。

市議会議員を通せば入園できるという噂もあります(噂としておきます)。

雫石さんの言うように、声が出せない人もいますしね。

少子化問題が重要なのに、なんも政策なし。
外国で災害があると、予備費といって3桁の億単位の金がすぐにでる。

それだけあれば、保育園の新設、狭い保育園の増築がいくらできることか。

出生率が2人を切ったら、国を経営(存在)するのが、むずかしいと言われているのに。だから、年金や高齢者の保険問題があるのに。

義務教育までは、ただで教育が受けられるようでなければならない。そうでなければ子供はふえない(議員やろうかな、でも、供託金ないし)。

幼稚園くらいまでは、しょっちゅう子供が熱出して大変なのよね、特に男の子。

今度あったら、TV出演してくださいね。事前にブログに告知してください。

[C892] ☆まるあさん

まるたんトコでもそんな問題が…
しかし過疎化って…ワタシにはまったく無縁な現象だわ。
  • 2008-05-19
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C893] ☆雫センセ

もうあの時は、必死だったんで…f^_^; ワタシは逆境に強いんですよ。
そうですね、みんながワタシみたいな人間じゃないですものね。そんな時こそワタシみたいなのが立ち上がってなにか運動をするべきでした。
  • 2008-05-19
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C894] ☆まろんさん

詳しいんですか。まぁ、まろんさん何者なんでしょ?また対お役所でトラブル抱えた時は是非相談にのってください。しかしまろんさんが役所の方でなくてよかったですよ(笑)
議員か…虎之助の元秘書に同級生がいて相談しよか考えてたんですがね。

ほんとにお金を投入すべきトコが違うっての。他国にゴマすってないで我が日本の将来を考えろっての。
いやいやテレビ出演は断じてナシです。顔が割れると色々と困るので…(笑)
  • 2008-05-19
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C895] 突然おじゃまします。

こんばんは。
でしゃばって発言してしまってゴメンなさいね。
全く同感です。
今春まで三重県の、とある役場で働いていました。
本当中身は薄っぺらな、形式仕事。 やっつけ仕事です。
今は7月からラーメン屋を始めるべく、日々動いてます。

頷いちゃいけない!
  • 2008-05-20
  • ちん
  • URL
  • 編集

[C896] ☆ちんさん

いえいえ!コメントありがとうございます!
役所の人間がみたら、ものすごく怒るかなぁと思いながら記事にしましたが、ちんさんのように、職員でありながら不信感を抱いてる方がいるだけでもよかったです。
そんなお役所も見限って、新しい商売を始められるとは立派です。是非成功させてください。
  • 2008-05-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C897]

僕の地元でも保育園争いは絶えませんよ。都内はどこもこんな感じなのかなぁ。

僕の保育園も当時大変だったっぽいです。

[C898] ☆マーリークン

マーリークンとこでもそんな感じだったんだ?いやいや都内なんかはまだマシだと思うよ。神奈川、とくに川崎がヒドイんだって。
ベットタウンがこんなじゃ少子化問題は解消されないよね。
  • 2008-05-27
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

深刻-保育園問題 役所に勝つ

「私たちに死ねと言うのですか!!」
 二月の始め、某区役所、児童家庭支援福祉センター局内。今年最後となる次男の新年度の保育園継続申請の書類を提出しに立ち寄った。ベビーカーに赤ちゃん、膝の上に二歳くらいの男の子を抱えた母親の涙ながらの悲痛な叫びが響きわたった。
 まだ、こんな事をやっているのか、ここは。
 珍しい光景ではない。この時期になると、保育園入所に落選した母親たちが異議申し立てに沢山やってくる。ワタシが住む地域は、保育所不足において全国でワースト5に入る。その為、小さな子供を持つ働くお母さんたちが毎年泣いている。
 ふと、三年前の自分の姿を思い出す。泣きじゃくる母親が座るその場所。

 前の年に離婚をしたばかり、それまで次男を通わせていた月々5万から6万払っていた無認可保育園を退園して、市の認可保育園に入れることを決意。長男は高校入学の年、色々とお金もかかる。母子家庭ではとても賄えない。入所申請を済ませ「母子家庭だし当然入れる」とタカをくくっていた。ところが数ヶ月後、目を疑う落選通知。当然、異議申し立てに福祉センターに出向いた。
「これはどういうことですか?!」
 いろんなやりとりをしていくうちに悟った。なにを言ってもこの職員には通用しないことを。理不尽なのは、第2希望、第3希望の申し込みがあったにもかかわらず、まったくの無意味だったこと。
「残念ながら、ご希望の保育園は定員が3名でしたので、●●さんより生活水準の低い方が優先となりました」
 なんてこった。定員3名なんて事前に教えてくれなかったじゃないか。
「では、第2希望、第3希望は?」
「それは、そちらを第1希望された方が優先となります」
 なんの対策もなく「仕方がない」だけで片付けられた。自力でなんとかするしかないと考えていた矢先、なにを言われても動じませんよ的冷徹な眼をしたベテラン風担当のババアが、
「そんなにお困りでしたら、生活保護の申請をされてはどうですか。おそらく通りますよ」
カッチーーン!!
 働き盛りバリバリ三十代の身空で生活保護だと?!生活に困窮している中高年は却下するくせに、母子家庭というだけであっさりと認められるこの制度。そこにつけこんで貰った保護費で昼間っからパチンコに明け暮れる最低な母親が世の中にどれだけいるのか知っているのか?!
闘志に火がついた瞬間。泣き寝入りなどするものか。とことん闘ってやる。 
「出直します。あなたの今の言葉、私はこの先何があっても忘れないし、許しませんから」
一瞬ババアが凍りついた。
 センターをあとにして、家に帰ってからパソコンで、保育所入所問題から保育所裁判、市長への異議申し立てに関する事柄を調べた。残念ながら、市長への異議申し立てが認められた例は殆ど無いし、裁判の勝訴例も少なくしかも何年もかかる。それでも諦めるものか。審査基準についても、ワタシが申請した内容にどのように対応したのか知る必要があった。所定の手続きをふんで公文書の公開申請をした。
 出直し当日、所長、つまり一番偉いヤツとその次の二番手のヤツが公文書を手に出てきた。例のババアはワタシと目が合うとオドオドした様子で俯いた。
 応接室に通された。
 ガラス張りで行われると言っていた審査会。どれほどのもんかと思えば・・・。審査過程に関する文書に目を通したが、こちらが必死で訴えた言葉はなにひとつ書かれていなかった。当然事務的であり杜撰。ミミズが這う走り書き。職員がこちらの話に耳を傾け、熱心に何かを書きなぐっていたとしても、それは落書き程度に思ったほうがよい。お母さん方にも言っておきたい。連中の前で絶対に泣いてはいけない。泣き落としなど一切通用しないし、所詮他人事、夕食時のネタにされるだけだ。メソメソ泣いている時間があるならば、知恵を振り絞って策を立てるか闘うかだ。泣き寝入りなど絶対にしてはいけない。
 話が逸れたが、その六十近い所長、何を言い出すかと思えば、ワタシに今年高校生になる息子がいるのを知り、自分は中卒だった・・・とか、その他涙を誘うような苦労話散々をしてきた。結局、何が言いたかったのかというと、お金がかかる高校なんかに行かせるのはおやめなさい、高校なんか出てなくても立派になれますよ、と。アホぬかせ。いつの時代の話しとんねん。親がわが息子をせめて高校くらい出してやれんでどうすんねん。あげく、公文書の内容についておかしな点をワタシが指摘したのを、真っ赤になって激昂し逆ギレ。これだから役所の職員はアホなんだ。
 打つ手がない。しかし保育園に入所させる手立てを考えなければならない。それまでの一定期間だけ、入所待ちの児童を預かってくれる仮保育園に入所させていたが、三月いっぱいで退園しなければならない。
 ふと思いついた。稀に、自分の職場近くの保育園に預けているお母さんがいる。もしかしてこれはイケルのではないか。車で20分ほど走るが、通勤路線の最寄り駅に近ければ通える。自宅とは別にそちらに月極駐車場を借りればいい。今までの駅までの月々のバス賃より若干高くなるが、そんなことも言ってられない。お隣りの横浜市某区役所に電話を掛けてみる。横浜市は保育園問題への取り組みがかなり進んでいて、どんどん施設を増やしているという。
 快い返事。「大丈夫ですよ。問題なく入れます」 
 やった。ムカつくが●●区を経由しなければならない所定の手続きを済ませ、4月からの入所が決定。なんでもっと早く気づかなかったんだろう。それにしても、あそこの職員、こんな方法があることを提案すらしなかった。だからアホなんだ。
 そんな意気揚々としてるなか、子供を仮保育園にお迎えに行ったところに待ち構えていたのはNHK報道の方々。なんだ、なんだ?!特番で保育園問題をやるらしい。その取材だった。まぁ、構わんけども・・・。●●区の杜撰な実態を暴いてやるのにいい機会だった。三回に渡って女性記者とお茶を飲みながら話した。この女性記者も、子供を保育園に預ける母親であり、今回の特番は彼女自身の企画だった。ワタシから聞いた話を武器に、●●区に殴り込み取材を宣言していった。お手柔らかに。クルーが押しかけ、TVカメラも入りこの女性記者によって散々やり込められた模様。あげく女性記者はしつこく、少子化問題に取り組む猪口大臣を招いた、この特別生番組にワタシに是非出て欲しいと交渉をしてきた。それだけはカンベン。会社の連中や親に観られると困るし、猪口さん個人は嫌いじゃないが、小泉チルドレンだしねぇ。

 そのすぐ後に、手のひらを返したような口調で、福祉センターの職員が電話をしてきた。
「保育園の空きができましたので手続きに来られrますか?」
 やかましいわ!ウソに決まってる。無理やり作ったのだ。ワタシのような煩い人間がいるのを知ったから。それともNHK陣の圧力か(笑)
「結構です。もう決まりましたから」
冷たく言い放つ。ワタシが受けた侮辱と絶望感を思い知れ。

 以来、去年も今年も「お近くの保育園入所できますが申込みはどうしますか?」と直々に電話をしてくる。当然お断り。ワタシにヘコヘコなんかしてないで、困ってるお母さんを優先してやれよ、ったく。

 結果的にワタシはこの闘いに勝ったのだ。母は強しなのだ。


 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/134-07f2c651

0件のトラックバック

10件のコメント

[C888]

待機児童の問題は、私の地方も似たようなモンでしたが、最近は少子化(過疎化・・・)が進みまくってだいぶマシにはなってます。

[C890]

園子さんのがんばりに感服しました。
でも、世の働くお母さんは、みんな園子さんみたいな強い人ばかりではありません。
だまって耐える人を救う制度を創ることが大切なのではないでしょうか。
そのためには園子さんのような、闘って、モノがいえる人の存在は貴重ですね。機会があればまた、発言してください。

[C891] お役所

お役所には、ちょいと詳しいんです。どんどん言ってやった方がいいですよ。いい加減なんですから。

市議会議員を通せば入園できるという噂もあります(噂としておきます)。

雫石さんの言うように、声が出せない人もいますしね。

少子化問題が重要なのに、なんも政策なし。
外国で災害があると、予備費といって3桁の億単位の金がすぐにでる。

それだけあれば、保育園の新設、狭い保育園の増築がいくらできることか。

出生率が2人を切ったら、国を経営(存在)するのが、むずかしいと言われているのに。だから、年金や高齢者の保険問題があるのに。

義務教育までは、ただで教育が受けられるようでなければならない。そうでなければ子供はふえない(議員やろうかな、でも、供託金ないし)。

幼稚園くらいまでは、しょっちゅう子供が熱出して大変なのよね、特に男の子。

今度あったら、TV出演してくださいね。事前にブログに告知してください。

[C892] ☆まるあさん

まるたんトコでもそんな問題が…
しかし過疎化って…ワタシにはまったく無縁な現象だわ。
  • 2008-05-19
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C893] ☆雫センセ

もうあの時は、必死だったんで…f^_^; ワタシは逆境に強いんですよ。
そうですね、みんながワタシみたいな人間じゃないですものね。そんな時こそワタシみたいなのが立ち上がってなにか運動をするべきでした。
  • 2008-05-19
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C894] ☆まろんさん

詳しいんですか。まぁ、まろんさん何者なんでしょ?また対お役所でトラブル抱えた時は是非相談にのってください。しかしまろんさんが役所の方でなくてよかったですよ(笑)
議員か…虎之助の元秘書に同級生がいて相談しよか考えてたんですがね。

ほんとにお金を投入すべきトコが違うっての。他国にゴマすってないで我が日本の将来を考えろっての。
いやいやテレビ出演は断じてナシです。顔が割れると色々と困るので…(笑)
  • 2008-05-19
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C895] 突然おじゃまします。

こんばんは。
でしゃばって発言してしまってゴメンなさいね。
全く同感です。
今春まで三重県の、とある役場で働いていました。
本当中身は薄っぺらな、形式仕事。 やっつけ仕事です。
今は7月からラーメン屋を始めるべく、日々動いてます。

頷いちゃいけない!
  • 2008-05-20
  • ちん
  • URL
  • 編集

[C896] ☆ちんさん

いえいえ!コメントありがとうございます!
役所の人間がみたら、ものすごく怒るかなぁと思いながら記事にしましたが、ちんさんのように、職員でありながら不信感を抱いてる方がいるだけでもよかったです。
そんなお役所も見限って、新しい商売を始められるとは立派です。是非成功させてください。
  • 2008-05-21
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C897]

僕の地元でも保育園争いは絶えませんよ。都内はどこもこんな感じなのかなぁ。

僕の保育園も当時大変だったっぽいです。

[C898] ☆マーリークン

マーリークンとこでもそんな感じだったんだ?いやいや都内なんかはまだマシだと思うよ。神奈川、とくに川崎がヒドイんだって。
ベットタウンがこんなじゃ少子化問題は解消されないよね。
  • 2008-05-27
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

そのえだ園子

Author:そのえだ園子
モノカキ、活字中毒、ロック好き、元ライター、元ゲーマー、ピアノ弾き、少年ジャンプ大好き、ヲタク体質、九龍城マニア、ジェットリー&ジャッキーファン。
マグレ受賞の著書あり。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。