FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/78-73a34a70

-件のトラックバック

-件のコメント

[C300] 時代

歌は世につれ、世は歌につれ・・・音楽は当時のことまでも思い出してくれる。時代と共に聴く音楽は変化するけど、1度でも聴いた歌は決して忘れないし、その当時の思い出も忘れない。それは自然に起こりうるものだ。NIRVANAを聴くといじめられていた頃を思い出してしまいます。特にベストは・・・(泣)

[C301] 再び・・あの方です

ほほう、私はガンズを嫌いだとは言ってないですよ。

昔は聴いてましたし、「ユーズ・ユア・イリュージョン」までは全部持ってますし、日本武道館のライブを収めたブートレグCDも1枚持ってますし。

カートが聴くなというから聴かないというのは、あまりにも自主性が無いので心苦しくも聴いてましたよ。

ガンズはメロディが好きで聴いていただけなので、精神的に何か拠り所があった訳ではないから、そのあたりが私の中での位置付けがニルヴァーナと全く違う場所にあっただけなのでねぇ。

似ているかどうかは、まあなんだ・・・その、まあいいか(笑)。
似たもの同士は喧嘩するって事があるので・・・。

[C303] Marleyクン☆

あ~わかる。世につれ歌につれでも、この曲を聴くと嫌な出来事を思い出すってのもいっぱいあるよね。時が経てばそれもまた・・・。
ワタシもビートルズをリアルタイムで聴いていたならば、どれほどの素晴らしい思い出とともに生きていけただろうって、今もそんな風に考えたりします。
  • 2007-03-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C304] まるあさん☆

やっぱりクールですね。たぶんそんな風にかえされるんじゃないかとは思いました。
ワタシなんてその頃は青臭いガキだったし、ロックのなんたるかもいまいち分かってなかったような・・・カートの言うがままあっさりガンズを裏切ってましたね(笑) しかし、ニルヴァーナを知り、本物に出会えたと感じたのは事実です。ワタシにとってカートは内面的にも大きな影響を及ぼした人物ですから。
しかしワガママぶりはあの二人いい勝負でしょう。
やっぱりきっと似てるんですよ~
  • 2007-03-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やっぱり似てる二人

 本当なら明日、明後日は待ちに待ったレッチリライブ、最前列で大暴れする筈で今夜は興奮して寝つけない夜を過ごしてたことでしょう。
 無意味な連休を過ごすこととなったneo、23日同行するはずだったおにうなぎたち、チケットを譲ったイタリア人、その他ワタシがチケットを売りさばいた方々、皆、災難です。

 休日の今日、女の事情・月よりの使者が来たせいで貧血がひどく家事も完全放棄で日中はソファに寝転がったままテレビの前でダラダラ過ごしておりました。けったくそ悪いのでレッチリなんて誰が聴いてやるもんですか!
 この恨みはガンズで晴らすしかないと、数年前にイカガワシイ店で大量購入した海賊版音楽DVDをゴソゴソと物色。ニルヴァーナやらKISS他、隠し撮りの類の酷い映像のビデオやらと一緒に、たしかガンズを幾つか買った記憶がある。ニルヴァーナがあまりにノイジーなので結局殆ど観ずに放置したままだった。
 あった。いかにも怪しい韓国文字、辛うじてPV集。コレなら観れるか。セット・オン。
 うお~!これは懐かしい。ビジュアルの美しい若き日のアクセル君。「ウェルカムトゥザジャングル」「スイートチャイルド~」
あの頃、この辺のPVは死ぬほど観た。カフェでもBARでもどこに行っても流れていた。
 バブル真っ只中、まだ美しかった18歳の頃のイケイケのワタシ(照) なにもかもが手に入り、幸せが満ち溢れていた嗚呼バラ色の人生。その頃付き合ってたロッカー野郎の顔まで思い出しちまった・・・二人してガンズにハマって、シビレまくって、ノリノリで暴れまくってたっけ。そのへんあんま今と変わってないんだけど。
 PVってスゴイ。その時代の出来事が一瞬にして駆け巡るね。まさに走馬灯のように~ってありきたりの表現がピッタリくるカンジ。
「ドント・クライ」と「ノベンバー・レイン」のPVは何度観ても良い。アクセルと恋人との絡みのストーリーが素敵。これぞワタシが憧れていた世界。生まれ変わるなら迷わずこの女になりたいね。
 あらためて驚いた。やっぱり似てる二人。言わずもがなカートとアクセル。ロッキンオンでカート専属で取材をしていたライターが、照明の加減などによって表情などぞっとするほどアクセルに似ていると言っていた。スタイリッシュで華麗、かたやセックスシンボルのアクセルと、グランジの定義どおり小汚くてだらしないカートが、少なくともワタシの中で繋がる理由などある筈がなかったが、静かにピアノを弾き語るアクセルを見るとその繊細さが垣間見えたし、質素なネルシャツで飾り立てもなくアコギを抱えて歌う姿は完全にカートと重なってしまった。
「ドント・クライ」の病的で憂鬱な世界がまるでカートの世界に見えた。
 
 今さらながら、考えさせられる。
 なんであれほど忌み嫌ったのだろう。
 自分に似てるからじゃないのか・・・。
 

 申し訳ない。ご立腹のあの方が目に浮かんで心苦しい限りです。


 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nicorobin103.blog81.fc2.com/tb.php/78-73a34a70

0件のトラックバック

4件のコメント

[C300] 時代

歌は世につれ、世は歌につれ・・・音楽は当時のことまでも思い出してくれる。時代と共に聴く音楽は変化するけど、1度でも聴いた歌は決して忘れないし、その当時の思い出も忘れない。それは自然に起こりうるものだ。NIRVANAを聴くといじめられていた頃を思い出してしまいます。特にベストは・・・(泣)

[C301] 再び・・あの方です

ほほう、私はガンズを嫌いだとは言ってないですよ。

昔は聴いてましたし、「ユーズ・ユア・イリュージョン」までは全部持ってますし、日本武道館のライブを収めたブートレグCDも1枚持ってますし。

カートが聴くなというから聴かないというのは、あまりにも自主性が無いので心苦しくも聴いてましたよ。

ガンズはメロディが好きで聴いていただけなので、精神的に何か拠り所があった訳ではないから、そのあたりが私の中での位置付けがニルヴァーナと全く違う場所にあっただけなのでねぇ。

似ているかどうかは、まあなんだ・・・その、まあいいか(笑)。
似たもの同士は喧嘩するって事があるので・・・。

[C303] Marleyクン☆

あ~わかる。世につれ歌につれでも、この曲を聴くと嫌な出来事を思い出すってのもいっぱいあるよね。時が経てばそれもまた・・・。
ワタシもビートルズをリアルタイムで聴いていたならば、どれほどの素晴らしい思い出とともに生きていけただろうって、今もそんな風に考えたりします。
  • 2007-03-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

[C304] まるあさん☆

やっぱりクールですね。たぶんそんな風にかえされるんじゃないかとは思いました。
ワタシなんてその頃は青臭いガキだったし、ロックのなんたるかもいまいち分かってなかったような・・・カートの言うがままあっさりガンズを裏切ってましたね(笑) しかし、ニルヴァーナを知り、本物に出会えたと感じたのは事実です。ワタシにとってカートは内面的にも大きな影響を及ぼした人物ですから。
しかしワガママぶりはあの二人いい勝負でしょう。
やっぱりきっと似てるんですよ~
  • 2007-03-23
  • そのえだ園子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

そのえだ園子

Author:そのえだ園子
モノカキ、活字中毒、ロック好き、元ライター、元ゲーマー、ピアノ弾き、少年ジャンプ大好き、ヲタク体質、九龍城マニア、ジェットリー&ジャッキーファン。
マグレ受賞の著書あり。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。